月別アーカイブ: 2月 2018

不動産売買の価格設定と売る時期

不動産売買の価格設定と売る時期

一般的には、不動産売却のとき部屋の退去の時期については売る側の好きに設定することができます。ですが、空いている状態で売りに出した方が売値を上げられます。入居者がいるままの内覧では、顧客から避けられてしまう可能性が高くなるので、支障がなければ初期段階で退去が完了している方が大きな利点となります。一軒家などを売却するケースでは、購入を検討している人から境界確認書を要求されることもあるのです。境界確認書を求められたら、専門職である土地家屋調査士による土地境界確定測量を土地の権利者の立ち会いで実施し、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。なぜこの書類がいることがあるのかといえば、境界線がしっかりとわからないような時、その土地の境界線を明確にして価格を決めるため、さらに、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを回避するためでしょう。不動産売却に際してかかる税金の中で気をつけるべきだとしたら譲渡所得税と住民税でしょう。物件を売却して利益が得られた人にとって、これらは納めなければなりません。けれども、住んでいた物件の売却であれば、3000万円の特別控除が行われます。さらに、どれくらいの期間所有していたかで課税のされ方に違いがあるため、この点を調べてから売却に向かった方がいいでしょう。内覧というのは、不動産売却では、売れるかどうかの重要なポイントになるでしょう。売り手側が内覧で失敗しないためにできることは自分本位ではなく、買う方の気持ちになって物件の状態を確認することでしょう。よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、きちんとケアされていて状態の良い物件というのはいうまでもないことでしょう。魅力のある物件だとわかってもらうために、念入りな掃除に加えて、不要品の処分といった思いつくことはやりつくすくらいでちょうどいいでしょう。大抵のケースでは、不動産物件の売却をする時の入金は、まずは、手付金、しばらくして、中間金、そして、最終金の三段階に分けてということがよくある流れです。期間として流れを追うと、手付金を入金した約一ヶ月後に中間金を入金、そのおよそ三ヶ月後に最終金が支払われるでしょう。とはいえ、金額でみると大部分が手付金から四ヶ月程後の最終金で支払われることになるのです。初めの手付金は現金でのお支払いもなくはないのですが、普通は全部売り主が指定した銀行口座に振込というのがほとんどです。もしも、不動産物件が売れた時の価格が3000万円を超えなかったら、所得税、及び、住民税の対象外となる嬉しい特例があるのです。その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。そして、物件の買い換えをした場合に、損をしてしまった場合、全ての所得を合わせての損益通算を適用してもらえます。ただ、条件があって、売った不動産物件を5年を超える期間ずっと持っていて、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。不動産売却を行う際の基本的な流れとしては、最初に不動産会社に話を持ちかけます。そして、しっかりと物件の査定が実施され、査定額が示されて、媒介契約を結ぶ不動産会社を決めます。そこから不動産会社は宣伝活動を開始し、やがて買い手が確保できたら、合意に至るまで価格交渉をしてから売買契約し、清算が終わったことを確認したら抵当権を抹消、物件の引き渡しの日までに退去を終わらせます。これと言ったもめ事さえなければ、不動産売却に伴って想定しうる不都合は、税金に関する問題くらいです。もっとも、住み替えのために売り渡そうとする場合には、不都合な問題が生じる可能性があります。所有している不動産が売れるという前提で、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、購入者がなかなか現れずに得られるはずだった売却代金が入手できないといった事態となることも想定されます。普通では気付けないような欠陥を買い手側が購入後に発見した場合は、その修繕を売り手側に要求できるという瑕疵担保責任があります。不動産会社が売り手の場合、この適用期間は短くとも2年間(2年間以上)は確保することになっています。ところが、双方が個人である取り引きでは期間を規定するものはありません。全く期間が存在しないことも日常茶飯事です。不動産を売却しようかと悩んでいると、築年数のことが引っ掛かるかもしれません。築年数が売却価格に影響を与えるのは事実です。戸建てを例にとれば、築10年なら概ね建物の査定価格はゼロになって、一般的に土地の価格だけになります。なお、マンションの売却でも築年数が浅い方が評価が上がりますので、戸建てと同じく、ひとつの基準として築10年が挙げられます。参考:スマイスター一括査定評判